バイク通勤のススメ

YSP各務原東の営業マンです。
数年前ある日を境に車を手放し毎日バイクで通勤をしています、もう既にこの生活が板についています、バイク通勤のおススメな点やデメリットなど赤裸々に書いております。多少長いのでお付き合いください、もしバイク通勤にご興味がありましたら営業マンまでお気軽にご相談ください。お客様に沿ったご提案をしていきますのでご安心ください。


【原付1種 VS 原付2種】
スクーターも種類があります、原付1種と原付2種。大まかな違う点は原付1種は速度制限30km・2段階右折があります!
原付2種は60km規制で2段階右折はございません、正直言うと原付の30kmの速度規制はバイク通勤の足かせになると思い私は原付2種を選択致しました。
60kmであれば車のスピードにある程度ついていけます、「乗りたいけど原付2種の免許がない!」ご安心ください!
「AT小型限定普通自動二輪車(AT原付二種)免許」が改正され最短2日で取得が可能になりました。(平成30年7月11日施行)
是非この機会にAT原付二種を取得されてみませんか?


これはどの製品にも言える話題かもしれません。新車を買うべきなのか、中古車を買うべきなのか・・・・
ぶっちゃけて書きます!これはどちらを選ぶのも正解はないかもしれません。
 新車の場合:中古車と比べお値段は高め、新車なので故障のリスクは低い
中古車の場合:新車と比べお値段は低め、中古車なので故障するリスクは有り
例になりますが、お値段を考えると中古車の方が予算に合ってるので購入がしやすいです。しかし中古車の整備状態が不明など未実施などの車両はわたくしはは買うべきではないと思いますが既に対策済みなら問題ないと思います。
新車の場合は特に注意点はありませんが、中古車の場合は「自店で販売した商品なのか、前オーナーの点検の有無、カスタム状態、オイル交換の有無」などなど
気になりだしたらキリがありませんが中古車を買う時は特に慎重にならなければなりません。少なくとも当店の中古車は整備を行いお客様にお渡しをし、保証は3か月ございます。こちらの本文は営業マンの独自の考えでありYSP各務原東の意見ではございません。


・自然と一体感になる走行、車では体験できない自然と一緒に走れる爽快感
・取り回しが楽なので疲れにくい、乗りやすい
・低燃費でお財布に優しい、500円もあれば100~130km余裕で走れます。
・125ccなので保険が安い(ファミリーバイク特約使用)
・税金が安い!車に比べて段違いで税金が安い!車検もありません。
・小回りがしやすいので寄り道がしやすい買い物や目的の場所に行きやすい
・電車やバスなどの窮屈さの開放

【営業マンのコメント】
これは私の気分の問題かもしれません。電車やバスって混んでるとなんか息苦しくありませんか?
自分は混んでる交通機関に乗るのは苦痛です。なのでバスや電車は嫌いですその窮屈さがないのが大きいです他にも痴漢の冤罪や病気への感染リスクも避けれます。(電車やバスなど:こちらの文章は2019年の文章になります)


・天候の影響がモロにきます。「雨:濡れます、マンホールが敵です」「雪:危険なので乗らないでください」「花粉シーズン:花粉症の人はシールドをあげないでください」
・毎日走る距離にもよりますがガソリン給油回数が増える可能性があります。
・虫が活動する季節になると走行中顔にぶつかる(特に夜はシールドを下げましょう)
・排気量によっては走行できない道もあります
・事故のリスクがありダメージは車より多くなります。車を運転する時よりも慎重に!事故を避けるために国道を避けるのも手です。
・車から煽られやすい。
・大きな買い物をするときはバイクでは不向きです
・髪の毛を毎日セットする人は不向き


▼絶対にあったほうがいいもの▼
バイクカバー:バイクをあらゆるものから守ります!雨から傷や盗難から様々な効果があります。もし集合住宅にバイクを置くなら猶更用意したほうが良いです。購入するときは必ずサイズと車種が適合しているかどうかを必ず確認して購入してください!
第2のロック:バイクは車と違って盗まれやすい乗り物です。泥棒が盗むとき嫌がる事があります、それは「時間がかかる事」ハンドルロックは当たり前ですがもう1つ鍵を余分に増やしましょう。他にもアラームイモビライザーもありますがこれは第2の鍵だけでは足りない!と思う方にお勧めです。
レインウェア:突然の雨でも、雨でもバイク通勤をしなければならない時はレィンウエアは必須です。

▼お荷物が多い・買い物が多い人向け▼
トップケース・リアキャリア:お荷物が多い、自宅に帰る前に買い物をして帰りたい!そんな欲張りやさんにはトップケース39Lとリアキャリアが大変おすすめです、営業マンも買い物をするときには重宝しています。
シート下の収納だけでは足りないと思っています。もしシートにレィンウエアや第二のロックを入れていたら?もう足りませんよね?
トップケースは見た目はめちゃくちゃカッコよくはありませんが利便性はピカイチです。
豆知識:ユーロヤマハトップケース39Lはティッシュボックスまたはトイレットぺーパー(ロール)1個くらいなら余裕で入っちゃいます。


営業マン特製のスペシャルなNMAXになります。ここではカスタムをご紹介しています
色々なカスタムをしておりますので是非参考にしてみてください!

・ハイスクリーン
ヤマハ純正のハイスクリーン。
バイク通勤を初めてから8か月近く経っての装着です。
見た目は正直言って好きではありませんが効果は絶大・・・
もっと早くつけておくべきでした。価格:27,500円(工賃別)

・アクスルシャフト
株式会社P.E.O様の「アクスルシャフト」を装着しました。
メーカー様曰く「魔法のシャフト」という文言は偽りなし!車両の取り回しも楽になり加速もスムーズ・・・もう次のバイクを買う時もこのシャフトをつけます!NMAX以外にもリリースされてますので詳しくはスタッフまで
価格:18,150円(工賃別)

・プロテクションパッド
すり傷を防止するプロテクションパッド、お値段が少し張りますがカバーの傷を防止できます。
価格:7,700円(工賃別)

・シートカバー
NMAXのシートがツルツルしていたのが気になったのでシートカバーを装着。ざらざらしているので滑りません。
価格:4,400円

・電源&マウントバー&デイトナホルダー
デイトナクイックステーでスマートフォンを固定、キジマのマウントバーでステーを固定、USB電源を装着してこれでどこへ行っても迷う事はありません!
価格:11,528円(工賃別)

・リアキャリア、キーシリンダー、ユーロヤマハトップケース
トップケース39L、固定するためのリアキャリア、キーをメインキーで開ける為の3点セットを追
ティッシュBOX又はトイレットペーパーくらいなら余裕で入ります。
価格:48,400円(工賃別)

【おまけ】ガーディアンベル
ヤマハとは一切関係ありませんがご紹介
「アメリカのバイカーなら誰もが知っている、古くからある、『道の伝説』にまつわる物です。道に潜んでいる邪悪な魔物がバイカーに不運をもたらし、事故が起こることがあります。その魔物は、この小さなベルの音を聞くことによってベルの中に閉じ込められ、事故から免れることが出来ると言われています。」※販売サイトより抜粋
NMAX125にお守りとしてつけております、価格は2,420円ほどでプレゼントにも最適です。
色々な種類なベルがあります。購入できるお店:リザベーション(本巣)


おまけコンテンツ:バイク通勤アドバイス

営業マンが毎日通勤中に思ったバイク通勤時のアドバイスを掲載しています。こちらのコンテンツはあくまでおまけコンテンツ程度ですので、人によって考え方などが変わる可能性がございます。バイク通勤をするなら安心安全運転を心がけましょう!この考えは営業マン独自の考えでありYSP各務原東の総意ではございませんのでご了承ください。

交差点進入時

対向車との正面衝突の危険性(交差点の進入時は特に気をつけよう、車から見たらバイクは遠くに見えるようです、交差点はそれ以外にも危険がいっぱい、しっかり周りを見て走行しましょう

一旦停止の場所

自分の進路が一旦停止じゃなくてもそういった所は細心の注意を払って走行してください。一旦停止を無視して突っ込んでくる車はいます。本当にいます、他にも遮蔽物が多く視認性が悪い所は特に要注意!


走行中の車間距離

前に車が走っていたら、自分が乗っているバイクと同じくらいの車間距離意を空けて走りましょう、事故以外のトラブルも招きます。大きな車の後ろにピタリと張り付くと対向車が右左折する時に巻き込まれる事があります、他にも煽ってなくても煽り運転になったら・・・

思い込みは危険

「あの車止まるだろう」「行けるし大丈夫」という先入観はやめましょう、相手もそう思っています。画像のような感じになってしまったら・・・・大変よろしくありません。これはバイク運転以外にも当てはまります


煽られたら冷静に・・・!

煽られたら怒らず、路肩に止まりやりすごしましょう。歩行者や自転車の次に弱いのがバイクです。煽られたら怒っても損だけなので無視しましょう。逆に自分も煽り運転をしないよう車間距離をしっかり空けましょう

追い越し(すり抜け)

車と接触事故のトラブル等の可能性が非常に高いのでできるだけされないほうがいいです。他にも人との接触なども予想されます、車のドアが開いたら?危険予想をするとしないにこしたことはありません。


花粉が嫌いな人へ

花粉症の人は花粉対策をしましょう。バイク運転中にくしゃみ連続で運転が困難になったり、かゆくて目を開けれない状態が続くのは大変危険です。

ロードサービスに入りましょう

1日の走る距離が多い人はロードサービスに加入しましょう。50kmまでなら年3,200円 100kmまでなら年4,000円です。月12か月で換算すると月々400円以下なんです?安いでしょ?※金額はコミューター(原付)のお金額です。


こまめにメンテナンスを!

オイル交換と点検はしっかり行いましょう!毎日使うなら故障する可能性も上がります。オイル交換も3000kmごとにしっかり行いましょう!
乗りっぱなしで乗ってしまうとバイクにダメージが行きますのでご注意ください。